クリティアのメンテナンス方法

ウォーターサーバーを導入するにあたり、気になるのがメンテナンスに関すること。クリティアを利用するときにも、やはりメンテナンスは必要になります。それでは早速、どのようにお手入れをすればいいのか見ていくことにしましょう。
まず、クリティアのメンテナンスが必要なところは、ボトル差込口周辺です。ここをお手入れするタイミングはボトルを取り替えるときという形になります。使用するものは市販のアルコール除菌剤。これを利用して、ボトル差込口周辺の消毒を行いましょう。また、差込口周辺に水が残っている状態で新しいボトルの取り付けを行うと、水漏れを招くことになるため、きれいなタオルなどで水を取り除いておく必要もあります。
あとクリティアでメンテナンスが必要なのは、冷水コックと温水コックの穴の中です。ずっとお手入れをしないでいると、不純物がコップに混入する場合があるため、1週間に1回くらいは先述したアルコール除菌剤を使用し、ブラシなどできれいにしておく必要があります。
また、調子が悪くなったり、壊れたりすることもあるでしょうが、このようなトラブル時には業者にいうことで対応してもらうことが可能となっています。ちなみに、ウォーターサーバーの中までメンテナンスを施したいという場合には、有料のウォーターサーバーセルフメンテナンスキットを購入することが可能となっています。

注目の記事

クリティアの申し込みをしよう!

記事を読む

クリティアを使ってみた!

記事を読む

クリティアのメンテナンス方法

記事を読む